ここから本文です

2番に助っ人、二塁に銀次…楽天、超攻撃的ラインナップが機能し開幕2連勝

4/1(土) 22:39配信

Full-Count

14安打13得点で開幕2連勝、2~4番に助っ人を並べる打線が爆発

 予想外の船出となったが、上々のスタートが切れた。楽天が1日、14安打13得点と打線が爆発して2連勝。開幕カードの勝ち越しを決めた。

2005年~2016年の各球団ドラフト指名選手一覧

 同点の3回無死一塁、茂木が左中間に適時二塁打を放って勝ち越しに成功すると、4番のアマダー、6番の今江にも適時打が飛び出してこの回4得点。7回にも2点を加え、9回にはダメ押しの6得点。オープン戦では適時打による得点が少なかったチームだが、この日は面白いようにタイムリーが飛び出した。

 オープン戦で毎試合のように打順が変わっていたのが印象的だった楽天。最終的に梨田監督は、外国人打者を2番から3人並べる打順で開幕に臨んだ。さらにゴールデングラブ賞の藤田ではなく、セカンドには銀次。ファーストには今江を守らせ、サードにウィーラーという超攻撃的なラインナップを組んだ。

 犠打やつなぎの役割が期待されるのが2番打者というイメージだが、そこにペゲーロを置いた采配が、この2試合は的中。初戦は延長で勝負を決める2ラン。この日も4打席で3度の出塁。6番に控える今江も2試合連続マルチヒットと好調で、相手にとっては気の抜けない打線だろう。

岸が開幕投手を回避も…美馬と辛島が奮闘「日にちは関係なかった」

 開幕投手に決まっていた岸がオープン戦の終わりにインフルエンザにかかり、開幕戦の回避が決定。成長著しい安楽投手も右太ももを負傷し、開幕直前にローテ投手が2人離脱するという緊急事態がチームを襲った。

 首脳陣、先発投手たちはそれぞれがプラン変更を強いられたが、開幕投手の美馬、そしてこの日、6回途中2失点で勝った辛島が先発として役割を果たし、打線もつながった。「日にちは僕に関係はなかった。思い切って投げることだけ考えていた」とヒーローインタビューに選ばれた辛島。笑顔はほとんど見せず「6回を投げ切らないと。もっと長く投げられるようにやっていきたい」と語った姿に、今後への頼もしさも漂った。

 リーグ優勝を決めた2013年、美馬、辛島も先発陣を支えた面々だ。エースの則本を軸に、岸が戻れば、先発投手陣はある程度計算ができる。中継ぎ陣の整備が当面の課題となりそうだが、それがクリアできれば、Aクラス争いも十分に期待できそうだ。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:4/1(土) 22:41
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 0:05