ここから本文です

新垣結衣、『逃げ恥』で橋田賞を受賞 高畑充希は橋田賞新人賞に

4/1(土) 6:00配信

クランクイン!

 脚本家・橋田壽賀子が理事を務める一般社団法人 橋田文化財団による「第25回 橋田賞」の受賞作品や受賞者が発表された。ベテラン俳優たちが名を連ねる中、新垣結衣や高畑充希ら若手女優の活躍も目立った。

【関連】「新垣結衣」フォトギャラリー


 同賞は「日本人の心や人と人のふれあいを温かく取り上げきた番組と人」への栄誉をたたえ、顕彰助成が与えられるもの。テレビ局やモニター、財団委員らにより組織された選考委員会により選ばれる。

 昨年末に大ヒット、星野源による主題歌の“恋ダンス”も話題となったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で主演を務めた新垣結衣は、橋田賞を受賞。「現代女性が抱える悩みを、時にはコミカルに、時には切なく、たしかな演技力で表現し視聴者の共感を呼んだ」と受賞理由が発表された。

 また、2016年度上半期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で存在感を示した高畑充希は、橋田賞新人賞を獲得。「『当たり前の暮らしがいかに大切か』という教えを胸に、激動の昭和を駆け抜けていくヒロインを、卓越した演技力で演じきり、現代の多くの女性たちの共感を得た」と評されている。

 尚、橋田賞大賞は該当者なし。作品に与えられる橋田賞には、土曜ドラマ『夏目漱石の妻』(NHK)、『ふつうが一番~作家・藤沢周平 父の一言~』(TBSPテレビ)、『人生フルーツ』(東海テレビ)が選ばれた。