ここから本文です

県産アテでスタンド 和倉温泉、自転車コースに20基設置

4/1(土) 1:45配信

北國新聞社

 七尾西湾を周回する自転車観光(サイクルツーリズム)を推進する和倉温泉旅館協同組合(七尾市)は31日、同温泉観光会館に県産アテ材で作った自転車スタンドを設置した。周回コース約40キロの沿道の公園や旅館などに計20基を置く。

 和倉周辺では県外や海外からスポーツ・サイクリングの愛好者が大勢訪れている。本格的な自転車は休憩時に自立させる器具が付いておらず、電柱や壁に立て掛けるケースが散見されたことから、サイクルスタンドを置くことにした。

 スタンドは中能登町末坂の大工鋳山(いかけやま)忍さん(41)がほぞ組みの技術を使って製作した。県産アテの木製にすることで、能登の里山里海の景観に配慮した。

北國新聞社

最終更新:4/1(土) 1:45
北國新聞社