ここから本文です

「社長解任、後任は5歳」 七尾の企業発表、実はエープリルフールの冗談

4/1(土) 1:45配信

北國新聞社

 段ボール通販で国内最大手のダンボール・ワン(七尾市)は4月1日付の緊急人事で辻俊宏社長(34)を解任し、新社長に長男の辻悠真ちゃん(5)が就任すると発表した。エープリルフールの冗談で、同社ホームページによると、社員や取引先の子どもたちを幹部として登用し、全役員を幼児に刷新したとしている。

 ホームページでは、辻社長がカタカナ語ばかりの経営方針を述べたため、子どもたちが「このままじゃ、お客さんがいなくなっちゃう」と世代交代を迫る内容の漫画が描かれている。0~6歳の21人を社長や部長として紹介し、給与は「利益を上げたらボーロがもらえます」としている。

 同社は段ボールを1箱からの小ロットでネット販売するなど、大手ができない営業手法を確立し、急成長した。辻社長は「七尾に面白い会社があることを全国の人に知ってもらいたい」と述べ、地元PRにつながることも期待している。

北國新聞社

最終更新:4/1(土) 1:45
北國新聞社