ここから本文です

石川県内花冷え ソメイヨシノ1輪開花

4/1(土) 1:45配信

北國新聞社

 31日の石川県内は曇りで、前日の陽気から一転して寒さが戻った。日中の最高気温は金沢9・3度、輪島8・8度となるなど、ほとんどの観測地点で平年を4~5度ほど下回り、3月上旬並みとなった。

 花冷えとなる中、金沢市千日町の犀川河川敷では、市内で特に早く開花するソメイヨシノとして知られる木が1輪、つぼみを開いた。昨年は3月23日に最初の開花が確認されており、今年は1週間ほど遅い。

 日本気象協会が29日に発表した開花予想によると、金沢での開花は平年より2日早く、昨年より3日遅い4月2日となっている。

 金沢市西念3丁目の金沢地方気象台敷地内にある標本木は31日現在、つぼみがわずかに色づき始めた。開花宣言を出す基準は「5、6輪以上の開花」で、同気象台は「あすにも数輪開花する、という状態には見えない」としている。

北國新聞社

最終更新:4/1(土) 1:45
北國新聞社