ここから本文です

シュヴァインシュタイガー、MLSデビュー戦でいきなりゴール「プレーを心待ちにしていた」

4/2(日) 16:20配信

ISM

 現地時間1日に行なわれたMLS(アメリカ・メジャーリーグサッカー)のモントリオール・インパクト戦で、シカゴ・ファイアーに加入したばかりのバスティアン・シュヴァインシュタイガーがゴールを挙げた。MLSデビュー戦でいきなりネットを揺らした同選手は、プレーするのが楽しみだったと語っている。

 シュヴァインシュタイガーはこの日、17分にアッカムのCKをヘッドで押し込み、先制点をマーク。試合は2対2のドローで終了したが、90分フル出場し、悪くないデビュー戦を飾った。

 前所属先のマンチェスターUではジョゼ・モウリーニョ監督の構想外となり、今季イングランド・プレミアリーグでは1試合も出場しなかったシュヴァインシュタイガー。32歳の同選手は試合後「不安はなかった。プレーするのを心待ちにしていた」とコメントし、得点シーンについては「完璧なボールがデイヴィッド(アッカム)から来たからね。最初はいい気分だったけど、勝てなかったので少し悲しいし、それほど満足はできていない」と話している。(STATS-AP)

最終更新:4/2(日) 16:20
ISM