ここから本文です

統計は嘘をつかないが、統計使いは統計を使って嘘をつく

4/2(日) 22:15配信

投信1

人々は、統計数字を示されると、それが絶対の真実であると思い込み、語り手の言うことを信じる傾向があります。そこが悪徳統計使いの狙い目で、巧みに聞き手を錯覚させたり誤解させたりする場合が少なくありません。場合によっては、新人の統計使いが自分も誤解してしまう場合もありますが(笑)。

まずは、問題を4問考えてみましょう

第1問
グラフを見て、傾きが急であれば急増しているように見え、傾きが緩やかであれば、急増していないように見えます。では、以下の3社の中で、最も急激に売上を増やしているのは、どの会社でしょう? 

第2問
某国の軍隊が、「我が軍人の死亡率は、国民の平均的死亡率より低い。我が軍は極めて安全なところであるから、学生諸君は安心して軍隊に志願すべし」という宣伝ポスターを貼りだしたとします。どう思いますか? 

第3問
厚生労働省が凶悪犯の食生活を調査したところ、極めて危険な食材が見つかりました。なんと、凶悪犯罪直前の1週間に、95%を超える凶悪犯がその食材を口にしていたのです。厚生労働省は直ちに当該食品を禁止する法案を国会に提出しました。もちろん、読者の皆様も賛成ですよね? 

第4問
財務省が全国の地方自治体を調べたところ、「警察官の数が多い自治体ほど犯罪が多い」ことがわかりました。財政再建と犯罪防止の一石二鳥を狙った「警察官削減法案」が国会に提出されたのは当然のことです。もちろん、読者の皆様も賛成ですよね? 

グラフの傾きを見て成長率を論じるのは危険

では、第1問からコメントしていきましょう。A社の売上は、1から2に増えていますから、100%の増加です。B社の売上は、10から19に増えていますから、90%の増加です。C社の売上は、10から18に増えていますから、80%の増加です。

A社とB社の比較では、トリックはありませんが、目の錯覚を利用してB社が成長しているような話し方をすることは可能でしょう。

B社とC社の比較では、右軸(右目盛り)が用いられています。この手法は、善意の統計使いにとっては「変化が小さくて見にくいグラフを、その部分だけ拡大して見やすくする」ためのものですが、悪意の統計使いにとっては「成長率の低い自社がいかにも発展しているかのように自社の宣伝資料を作る」ために使われるのです。

パンフレットだと凝視する人がいますが、パワーポイントの画面を短時間で切り替えるのであれば、まずバレることはないでしょう(笑)。

1/2ページ

最終更新:4/2(日) 22:35
投信1