ここから本文です

橋爪紋佳&空見ゆき「歌うことが目標だった」ディズニー新作に抜擢

4/2(日) 6:00配信

MusicVoice

 【インタビュー】ディズニー・アニメーションの新作『アバローのプリンセス エレナ』が4月2日から、地上波テレビ(テレビ東京)で放送される。

 アニメーションのクオリティの高さとともに、ミュージカルのように多彩で豊富な挿入曲が数々存在するのも、ディズニー・アニメーションの魅力の一つ。この『アバローのプリンセス エレナ』は、2015年にテレビ東京系で放送されたディズニーの3Dアニメーション『ちいさなプリンセス ソフィア』ともつながりのあるストーリー。邪悪な魔女に自国のアバローを支配され、自分の持っていたペンダントに閉じ込められていたプリンセス・エレナが、魔女を退治し自国の平和を取り戻し、次期王位継承者として王国のために奮闘する姿を描く。

 アメリカの複数のグラフィックにおいて2016年度の視聴率No.1を獲得するなど、本国のキッズの間で大人気の作品。ディズニー・アニメーションでは、初のラテン系のプリンセスが登場し、これに合わせてラテン系のリズムやハーモニーなどを意識した楽曲を中心に、バラエティ豊かなサウンドがストーリーを彩っている。

 主役のプリンセス・エレナを務めるのは、ディズニー・アニメーションでの主演は初となる声優の橋爪紋佳(はしづめ・あやか)。これまで海外ドラマなどの吹き替えをおこなう一方で、ミュージカルや舞台などでも活発な活動を展開しながら、ディズニーへの強いあこがれを持っていたという新人声優だ。

 また、エレナの妹・イザベルを演じるのは、声優として活躍しながら、アニメ、イラストとアイドルの融合プロジェクト「Re:ステージ!」のメンバーとしても活動する空見ゆき。声優としての仕事に携わる傍らで、歌を歌うことに強い思いを持つ2人が、この作品の重要なキャラクターを担う。

 劇中で歌も披露している2人。この作品のオファーに対する心境や、互いの印象、作品や歌に込めた思い、などを語ってもらった。

1/3ページ

最終更新:4/2(日) 6:00
MusicVoice