ここから本文です

吉田のうどん店 県内網羅

山梨日日新聞 4/2(日) 14:52配信 有料

 富士吉田市のひばりが丘高うどん部が発行するフリーペーパー「うどんなび」の最新号が完成した。115店を掲載し、「吉田のうどんを出す県内ほぼ全ての店を網羅した」(同部)。過去最多の6万5000部を作り、各店やコンビニエンスストアに置く。
 第6号で、A4判31ページのフルカラー印刷。うどんの写真、店の電話番号や住所などを掲載した。富士吉田市内の店舗は多くの写真を使ってメニューを紹介。取材を担当した部員のコメントを添えた。
 スマートフォンなどからQRコードを読み取ると、地図サービス「グーグルマップ」上に店が表示される仕組みにした。「外国人や観光客が迷わず店に行くことができる」(同部)という。
 2012年から毎年発行。昨年は郡内地域の店をほぼ網羅し、今回は県内全域に拡大した。当初は10万部を発行する予定だったが、経費の関係で6万5000部とした。
 中野吏希矢部長は「県内全域の吉田のうどん店を掲載した冊子はほかにない。うどんなびを手に、多くの店を回ってほしい」と話している。〈清水一士〉本文:816文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:4/12(水) 17:08

山梨日日新聞