ここから本文です

「食事が高い」「アトラクションは充実」 新テーマパーク、レゴランド 客の感想は?

4/2(日) 12:35配信

BuzzFeed Japan

名古屋市港区に4月1日オープンしたテーマパーク「レゴランド・ジャパン」。

各社の報道によれば、初日は雨にも関わらず入場前には約500人の列ができたそう。客の感想はどうなのか。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

【写真】マリオの世界に住んでいたなら。ユニークな16枚の世界地図

そもそもレゴランドとは?

レゴランドは世界各地で運営されており、名古屋は世界で8カ所目。アジアではマレーシアに続き、2カ所目となる。

9.3ヘクタールの敷地内には、40以上のアトラクションを備える。使用したレゴブロックの数は約1700万個。

園内には、名古屋城や道頓堀、厳島神社など日本の観光名所をレゴブロックで再現した「ミニランド」。

アトラクションエリア「ナイト・キングダム」には、ジェットコースター「ザ・ドラゴン」や、自らペダルを漕ぐと上昇していく「マーリン・フライング・マシーン」、メリーゴーランド「マーリン・チャレンジ」などがある。

また、海賊をモチーフにした観客巻き込型のショーもある。

「食事が高い…」

BuzzFeed Newsは初日に行った客に感想を聞いた。

愛知県在住の大学生(21)、あまおうさんは家族6人で訪れた。
「2歳~12歳を対象にしたテーマパークと聞いていましたが、大人でも楽しめるものがいくつかあり楽しかったです」

「アトラクションはやはり子ども向けなので、少し物足りなさを感じるものもありました。けれど、ジェットコースターは大人でも十分楽しめましたね。あと、夏向けのアトラクションがいくつかあったので、暑い時期に行ってみると楽しいのかなと思いました」

同園は、弁当屋・おにぎり、菓子などの食べ物や、ペットボトル・水筒も含む飲料の持ち込みを禁止している。

また、チキンバーガーセット=1350円、ステーキ丼=1800円という料金設定に、ネット上では「食事が高すぎ」「ぼったくりだ」など酷評がでた。

あまおうさんもこう話す。

「お昼ご飯はレゴランド内で食べましたが、やはり高かったです。家族6人で食事代が1万5千円を超えたのでビックリしました…。入場料がディズニーより少し安いくらいなので、正直もっと安くてもいいのでは? と感じました」

「キャストさんの対応はとても良かったですし、これから園内のエリアも拡大するとのことなので期待したいなと思っています。見直して欲しいのはやはり料金面ですね」

レゴランドの1日券は3~12歳が5300円、13歳以上が6900円。ディズニーランドは12歳~17歳が6400円、18歳以上は7400円となっている(2017年4月時点)。

1/2ページ

最終更新:4/13(木) 10:31
BuzzFeed Japan