ここから本文です

アメリカの医療業界で年収1000万円以上の仕事

4/2(日) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

医師になるには何年も学校に通い、研修を受けなければならない。そう考えると、医師が高給取りであることは驚くことではない。

【画像付記事は、こちらからご覧いただけます】

しかし、求人サイトGlassdoorが公開した最近のレポートによると、医療業界で高年収なのは医師だけではない。 過去1年間、医療業界で働く従業員がGlassdoorに明かした情報を基に、アメリカの医療業界で最も年収が高い6つの職種をランキング化し、現在の求人数、仕事内容をまとめた。

6. ナース・プラクティショナー(特定看護師)

・平均年収:10万4144ドル(約1158万円)
・求人数:1万2566人

医療チームの一員として、または個人で急性疾患、発作性疾患、慢性疾患を診断し、治療する。

5. 医師助手

・平均年収:11万2529ドル(約1251万円)
・求人数:1万3547人

精密検査、治療、患者のカウンセリングなど、通常、医師が行うような医療サービスを提供する。

4. 薬剤師

・平均年収:12万5847ドル(約1399万円)
・求人数:5496人

処方薬を調剤し、その薬剤に関する情報を患者に提供する。

3. メディカルサイエンスリエゾン

・平均年収:13万2842ドル(約1477万円)
・求人数:391人

医療製品の科学的なメリットを一般の人々に説明する。

2. 薬局マネジャー

・平均年収:14万9064ドル(約1657万円)
・求人数:2370人

薬局の運営を監督、管理する。

1. 医師

・平均年収:18万7876ドル(約2088万円)
・求人数:7770人

患者を診察し、薬を処方する。怪我や病気を治療する。

source:Glassdoor

[原文:The 6 highest-paying medical jobs in America in 2017]

(翻訳:梅本了平)