ここから本文です

フェデラーとナダルが37回目のライバル対決 [マイアミ/男子テニス]

4/2(日) 16:09配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・フロリダ州マイアミで開催されている「マイアミ・オープン」(ATP1000/3月22日~4月2日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)。

フェデラーがキリオスとの大接戦を制し、ナダルとの決勝へ [マイアミ・オープン]

 2004年の今大会の3回戦で、ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)は初めて対戦した。今回の決勝が通算37回目の対戦となり、今年3度目のライバル対決となる。

 フェデラーは1月の全豪オープンの決勝と2週間前のインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)の4回戦でナダルを倒している。

 今大会6度の優勝を誇るノバク・ジョコビッチ(セルビア)と2度優勝経験のある世界1位のアンディ・マレー(イギリス)が右肘故障のために欠場して出場選手が希薄ではあるが、フェデラーとナダルがトップ選手として食い込んできたことは明らかであり、全仏、全英、全米と残り3つのグランドスラムのタイトル争いを刺激するのは間違いない。フェデラーは、「ここでまたラファと対戦することは特別なことだよ。この決勝が彼との最後の試合にならなきゃいいけどね」とコメントした。

 現在35歳のフェデラーは今季の戦績を18勝1敗とし、トップ10との対戦成績は6戦全勝としてはいるが、今大会もいい結果をそこまで期待していたわけではなく、この調子をずっと維持するのは難しいと考えている。フェデラーは、「現実的にはラファとの決勝戦に勝つチャンスはあると思うけど、彼に勝つには越えなければならない山があるような感じだよ。間違いなく今の僕よりは彼の方が元気だと思うよ」と言った。

 フェデラーはトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)との準々決勝で2度のマッチポイントをしのぎ、ニック・キリオス(オーストラリア)との準決勝では3セットすべてのセットがタイブレークにもつれる大接戦での勝利であった。ナダルは「ロジャーは以前のように大事なポイントをものにしている。彼が18度もグランドスラム大会を優勝している証だよ。彼は本当にいいプレーをしている。あのようにプレーされると勝つのは大変だよ」と話している。

 ナダルはマイアミの決勝では0勝4敗で、ここ最近では2014年の決勝で敗れている。ナダルにとって過去12大会出場してタイトルがない大会はほかにない。ナダルは「勝っても負けても僕の選手生活は何も変わらないよ。ただこの試合を通じて何かを得られればいいかな。ただそれだけだよ」とコメントした。

 フェデラーは2005年と2006年に今大会のタイトルを獲得しているが、それ以降は決勝にも進出していなかった。 (C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: KEY BISCAYNE, FL - MARCH 31: Roger Federer of Switzerland celebrates defeating Nick Kyrgios of Australia in the semi finals at Crandon Park Tennis Center on March 31, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:4/2(日) 16:09
THE TENNIS DAILY