ここから本文です

DeNAロペスが初回に先制打 ドラ1左腕・濱口のプロ初先発を援護

4/2(日) 13:16配信

Full-Count

初回1死二塁からレフトへ先制タイムリー二塁打

 DeNAのロペス内野手が2日、ヤクルト戦(神宮)で先制タイムリー二塁打を放った。

 初回、DeNAは1番・桑原が左前打で出塁すると、二盗を決めてチャンスを作る。2番・梶谷が空振り三振に倒れ、1死二塁となったところで3番・ロペスが、ヤクルト先発の新外国人オーレンドルフの2球目ツーシームを左翼へ運んだ。打球は左翼を守るバレンティンの頭上を越える二塁打。桑原が二塁から一気に生還し、先制ホームを踏んだ。

 DeNAの先発はドラフト1位左腕の濱口。プロ初先発の新人を援護する大きな1点をプレゼントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/2(日) 13:21
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 15:45