ここから本文です

プロ初先発のDeNAドラ1濱口、味方失策と不運な打球で勝ち越し許す

4/2(日) 13:39配信

Full-Count

1回表にロペスの先制タイムリーで1点援護をもらうも…

 DeNAドラフト1位左腕、濱口遥大投手が2日、ヤクルト戦(神宮)でプロ初先発のマウンドに上がった。

 味方打線が3番・ロペスの左翼タイムリー二塁打で1点援護してくれた直後、プロデビューのマウンドに上がった濱口は、先頭・大引に右前打で出塁を許す。続く坂口を遊ゴロに打ち取ったに見えたが、遊撃の倉本がまさかのファンブル。無死一、二塁とすると3番・山田を中飛に仕留めたが、4番・バレンティンの打球が二塁ベースに当たってイレギュラーし、安打となる間に同点に追いつかれた。

 なおも1死一、三塁で5番・雄平の遊ゴロで勝ち越しを許したが、6番・畠山を見逃し三振とし、初回を終えた。

 プロ初マウンドで2失点の洗礼を浴びたが、ここからの踏ん張りに期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/2(日) 13:47
Full-Count