ここから本文です

レスターに足りなかったのは“自信と勢い” 4連勝に貢献した若武者「強いチームに戻れると感じてた」

4/2(日) 14:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

地元紙の採点で高評価

現地時間1日に行われたプレミアリーグ第30節で、レスター・シティはストーク・シティと対戦し2-0で快勝した。その結果、リヴァプール戦以降、クレイグ・シェイクスピア監督が就任してから4連勝を飾っている。

この試合でマーク・オルブライトンが体調不良により招集外となったことから先発出場したU-21イングランド代表MFデマレイ・グレイは、チームの勝利を喜び試合後、「自信と勢いを持てれば、また強いチームに戻れると常に感じていたんだ。ここからチームの順位をあげていきたい」と語った。クラブの公式Twitterが伝えている。

グレイは英『Leicester Mercury』による試合後の採点(10が最高評価)で、得点を決めたジェイミー・バーディとウィルフレッド・エンディディと並び、チーム最高評価となる「8」を獲得。「ボールを持つたびに観衆を興奮させた。いくつも素晴らしい瞬間をつくっていた」と称賛された。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報