ここから本文です

OP戦1位のロッテ、開幕3連敗…伊東監督「開幕前にチヤホヤされてたけど…」

4/2(日) 16:51配信

Full-Count

逆転負けで痛恨の敗戦、「選手も力の差を痛感したと思う」

 ロッテが開幕3連敗を喫し、スタートダッシュに失敗した。2日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。一度は試合をひっくり返しながら、逆転負けを食らい、伊東勤監督は「3連戦の初戦を落としたけど、1つでも取って帰りたかったけど、1つも勝てずに3連敗。まだ、そこまでチームが成長しきっていないということですね」と肩を落とした。

 先制点を奪われながらも、一旦は逆転した。5回。鈴木の右前安打、ダフィーの四球、井上の中前打で無死満塁とすると、田村の二ゴロの間に1点を返し、今季初スタメンとなった平沢が中前に適時打を放って同点に。6回は、先頭の清田の四球、鈴木の右翼フェンス直撃の安打で1死一、三塁とし、ダフィーの中犠飛で勝ち越しに成功した。

 だが、逃げきれなかった。7回に先発の唐川が上林に同点弾を被弾。さらに、2死一、二塁とされると、唐川の後を受けた大嶺祐が内川に勝ち越しの2点適時二塁打を浴びた。投手陣が踏ん張りきれずに逆転負けとなった。

 オープン戦では12球団トップの成績を残したが、開幕カードでは1勝も出来ず。指揮官は「開幕前にチヤホヤされていたけど、そうではないと選手も痛感したと思う。力の差はこれだけあるということ」。4日からは本拠地に昨季の覇者・日本ハムを迎え撃つ。「(日本ハムも)上のチーム。ズルズルいかないようにしないと」。泥沼にはまることは、なんとか避けなければならないところだ。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:4/2(日) 16:59
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 23:20