ここから本文です

1勝2敗発進にハム栗山監督「申し訳ない」 好調・大谷の走塁と打撃は「普通」

4/2(日) 18:05配信

Full-Count

5回にミスが絡んで5失点、「勝たなきゃいけない試合だった」

 昨季日本一の日本ハムは2日、本拠地での西武戦に3-6で敗れ、開幕カードは1勝2敗の負け越しスタートとなった。同点の5回にミスが絡んで5失点。新助っ人の先発エスコバーは5回途中5失点(自責1)で初黒星が付き、日本球界に復帰した村田は初球でボークを取られて失点するという“ホロ苦デビュー”となった。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 敗戦に栗山英樹監督は「申し訳ない」と反省。ただ、足首の故障で開幕から打者に専念している大谷は今季1号をマーク。3試合連続マルチヒット、2試合連続“猛打賞”と好調で、打率.667としている。前日には二塁内野安打で痛めている右足で一塁ベースを踏み、栗山監督から「説教します」とダメ出しされたが、この試合の8回の投前内野安打ではしっかりと左足から入ってセーフに。指揮官は「普通」と“評価”した。

 以下は試合後の栗山監督の一問一答。

――きょうの試合を振り返って。

「勝たなきゃいけない試合だったので、申し訳ないです」

――先発のエスコバーについて。

「いいところもあったし、もっともっと改善しなきゃいけないこともあるし。今まで以上にボールは強くなっている」

――今後につながりそうか。

「つなげてほしいと思います」

「なんとか早くファイターズらしく、みんなが輝くようにしたい」

――村田投手も日本球界初登板。

「イメージをいろいろ伝えていて、ああいうところではないと思っていた。最初の出し方としては厳しくなってしまいましたけど、2イニング目は村田らしいピッチングだった」

――大谷の打撃と走塁に関して。

「普通だし、あれだけ言ってもああなるので」

――開幕3連戦を終えて。

「いろんなことを覚悟してスタートしましたけど、なんとか早くファイターズらしく、みんなが輝くようにしたいです」

――火曜日から6連戦が続く。

「大事な最初の6試合になると思うので、しっかりやります」

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

最終更新:4/2(日) 18:24
Full-Count

スポーツナビ 野球情報