ここから本文です

【MLB】メジャーリーグ開幕日は祝日に値する? 特別な日を彩るさまざまな演出とは

4/2(日) 21:44配信

Full-Count

数日間に渡って開催されるMLBの開幕戦は“特別行事”?

 今から3年前、2014年シーズンの開幕前に米国ではバドワイザー社が“Make Opening Day a Holiday(開幕日を祝日にしよう)”というキャンペーンにより、短期間で10万もの請願を集めた。結果的に祝日と認定されることはなかったが、多くのファンが支持するほどメジャーリーグの“開幕”は認識されている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 メジャーリーグの開幕日は日本のプロ野球とは異なり、数日間に渡って開催される。今シーズンのメジャーリーグ開幕日は4月2日に3試合、翌日の3日には12試合を予定。3月31日に一斉開幕となっているプロ野球とは全く違った形となっている。ちょっとした開幕のズレを作ることによって盛り上げを序々に高めていくが、しっかりと開幕日のナイターには目玉カードを組み込む。2017年シーズン最初のナイターも昨年優勝を果たしたシカゴ・カブスと同地区ライバルのセントルイス・カージナルスの一戦が予定されている。

 まだ雪も降っている地域、さらには屋外スタジアムでプレーをするメジャーリーグでは、必ず開幕翌日は雨天中止に備えた予備日を設ける必要がある。開幕戦から連戦が予定されているのは、可動式屋根のあるミルウォーキーやヒューストンと雨や雪の可能性が低いことが予想されるオークランド、ロサンゼルス、テキサスのみとなっている。

 全てのチームが開幕日をホームで迎えるわけではなく、半分以上が次のカード、もしくはまたその次にホーム開幕を迎える。チームによってはシーズン中に2、3度開幕ゲームという特別な試合を味わうこともある。

 戦う者は“162試合分の1”としか考えていないと話すが、実際にその場にいると、それ以上の胸の高まりを感じるのが開幕戦だ。選手、監督・コーチ陣以外にもトレーナーを含む裏方まで全員の名前がアナウンスされ、紹介される。選手たちと共に一塁・三塁線上に並んで、国歌斉唱、そしてフライオーバー(戦闘機がスタジアム上を通過していく演出)が行われる。球場に訪れているファンからすればあまり気にしていない裏方のアナウンスだろうが、当人にとっては、改めてチームの一員として気持ちが入る一瞬であることは間違いない。

1/2ページ

最終更新:4/2(日) 21:44
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 18:05