ここから本文です

6割打者が4人!開幕3連戦の個人成績

4/2(日) 22:00配信

ベースボールキング

スタートダッシュを切ったのは...

 待ちに待ったプロ野球が開幕。あっという間に開幕カードの3連戦が終了した。

 各地で繰り広げられた熱戦の中、個人として良いスタートを切ったのはどの選手なのか。開幕3連戦終了時点での各リーグの打撃3部門の上位を以下にまとめた。

6割超えが4人!

【打率】
<セ>
1位 .636[11-7] 丸 佳浩(広島)
2位 .600[10-6] 福留孝介(阪神)
3位 .571[7-4] エルドレッド(広島)

<パ>
1位 .667[12-8] 大谷翔平(日本ハム)
2位 .625[8-5] 近藤健介(日本ハム)
3位 .583[12-7] ペゲーロ(楽天)
3位 .583[12-7] 今江年晶(楽天)

 打率部門では、なんと両リーグで4名が6割超え。パ・リーグでは、ひとまず打者専念での開幕となった大谷翔平が12打数8安打の打率.667でトップ。逆方向への一発も放つなど、不安を一蹴する滑り出しを見せた。
 

巨人・阿部は劇的2発

【本塁打】
<セ>
1位 2本 阿部慎之助(巨人)

<パ>
1位 2本 ペゲーロ(楽天)
1位 2本 T-岡田(オリックス)

 セ・リーグでは巨人・阿部慎之助が唯一の2発。プロ初となる開幕戦での本塁打を記録すると、2戦目には9回二死からの逆転サヨナラ本塁打。チームを開幕3連勝へと導いた。

阿部が二冠、パは4人で並ぶ

【打点】
<セ>
1位 8点 阿部慎之助(巨人)
2位 5点 丸 佳浩(広島)
2位 5点 ロペス(DeNA)
2位 5点 糸井嘉男(阪神)

<パ>
1位 4点 ペゲーロ(楽天)
1位 4点 内川聖一(ソフトバンク)
1位 4点 茂木栄五郎(楽天)
1位 4点 銀次(楽天)

 セ・リーグは阿部が本塁打と打点の二冠。打率トップの丸とDeNAのロペス、阪神移籍の糸井が5打点で続いた。パ・リーグはトップが4打点で4名。3連勝の楽天から3名が名を連ねている。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 22:45