ここから本文です

89歳、英語繰り金沢案内 まいどさん歴20年・中村さん

4/2(日) 2:00配信

北國新聞社

 金沢観光ボランティアガイド「まいどさん」の会員、中村將(しょう)さん(89)=金沢市長町2丁目=が、現役ガイドとして観光客のもてなしに励んでいる。会員でトップ級の英語力とガイド歴20年の経験を生かし、北陸新幹線の開業以降に増えた外国人観光客の案内に活躍する中村さんは、これからも城下町の魅力を伝えるため「100歳まで続けたい」と意気込んでいる。

 まいどさんには現在、約340人の会員がおり、市内で観光客の案内や、各種イベント参加者へのガイドなどに取り組んでいる。事務局によると、会員には90代3人が登録されているものの、第一線で活躍するガイドとしては中村さんが最年長だという。

 中村さんは終戦間もない頃に「これからは外国人が増えて英語が必要になる」と考え、市内で米国人から英語を学び始めた。その後、市内の商社に勤務し、仕事に英語を生かす場面もあった。

 米国とオーストラリアで日本語を教えるボランティアや、定年後のホテル勤務を通じて英語力を磨いた。「自分の英語で外国人に金沢観光の魅力を伝えよう」と思い立ち、1996年に金沢ボランティア大学校観光コースを受講した中村さんは97年、4期生としてまいどさんに加わった。

 会員の講師として英語を指導したこともあり、兼六園や長町などの案内で使える英語の会話集も作った。現在は、長町やにし茶屋街の休憩館でガイドに当たっており、「城と庭のボランティアガイドの会」の会員として金沢城公園でも活動している。

 年90組ほどをガイドし、今もラジオで英会話を聞いて英字新聞を読むなど勉強にも余念がない中村さんは「英語は学んで終わりではなく、どう生かすかが大事です。私はガイドが健康の秘訣(ひけつ)になっています」と話した。

北國新聞社

最終更新:4/2(日) 2:00
北國新聞社