ここから本文です

トランプ氏、北朝鮮強硬発言で矢面となる在日米軍 BBC「北の標的は岩国基地」

J-CASTニュース 4/3(月) 19:36配信

 米国のトランプ大統領が英紙のインタビューで、北朝鮮に対して改めて強硬姿勢を強調した。中国は北朝鮮に対して最も大きな影響力を持っているが、トランプ氏は「中国は、ほとんど何もしてくれなかった」とツイッターで非難していた。

 トランプ氏は中国の習近平国家主席をフロリダの別荘に招き、2017年4月6、7日にかけて初の首脳会談を行う予定だ。トランプ氏は首脳会談を前に、中国の協力が得られない場合は「我々がやる」と明言。具体的に何を行うかは明言しなかったが、すでにティラーソン国務長官は北朝鮮に関する先制攻撃も排除しない方針を表明している。一方で、北朝鮮はミサイルの発射訓練を「在日米軍基地を打撃」する部隊が行ったと主張しており、このまま緊張が高まれば、日本が標的になる可能性も現実味を持つ。

■核開発を懸念、場合によっては先制攻撃も

 トランプ氏は2017年4月2日(英国時間、日本時間3日未明)に英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙がウェブサイトに掲載したインタビューで、米中首脳会談で北朝鮮問題について協議することを明らかにした上で、

  「中国は北朝鮮に大きな影響力を持っている。中国は北朝鮮について我々に協力するか、しないかを決めることになるだろう。もし協力するのであれば中国にとって非常にいいことだし、しないのであれば、だれにとっても良くないことだ」

などと中国側の協力を求めた。その上で、

  「中国が北朝鮮問題を解決しないのであれば、我々がやる。これが、伝えられることのすべてだ」

と述べた。記者が

  「中国の協力なしで問題を解決できると考えているのか」

と念を押すと、トランプ氏は

  「そのとおりだ」

と断言した。トランプ氏は北朝鮮に対して具体的に何を行うかは明言しなかったが、トランプ政権の閣僚らは、北朝鮮の核開発を懸念し、場合によっては先制攻撃も辞さない方針を示唆している。

1/2ページ

最終更新:4/3(月) 19:36

J-CASTニュース