ここから本文です

天海祐希「熱い気持ちを忘れずに」 テレ朝新入社員にエール

オリコン 4/3(月) 12:05配信

 女優の天海祐希(49)が3日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた60期入社式に出席。同局で20日よりスタートするドラマ『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)に主演する縁で、入社式にゲストとして招かれた天海は、初々しい35人の新入社員たちを前に「キラッキラしていますね。このようなフレッシュな方々と対峙すると、清められますね」と声を弾ませた。

【個別ショット】林美桜、三谷紬らテレ朝の新たなアナウンサーも出席

 新人アナウンサーには、井澤健太朗(いざわ・けんたろう)、林美桜(はやし・みおう)、三谷紬(みたに・つむぎ)の3名が入社。井澤が「スポーツ、報道、AbemaTVと幅広く挑戦したい。視聴者の皆さんの気持ちを“忖度”し、代弁できるアナウンサーになります」と話題のワードを引き合いにあいさつすると、林は「自分の言動に責任を持ち、伝えることを追求することで社内に貢献できるようにこれから努めてまいります」と言葉に力を込めた。

 実家が呉服屋を営んでいるという三谷は「着物の紬は丈夫で裏表がなく、長持ちすると言われているのですが、私も同じように丈夫で裏表がないと思っています。この特性を活かして、皆さんに長く愛されるアナウンサーになれるよう、努力してまいります」とアピール。そんな3人が新入社員の入館証をかけた“初仕事”として、天海からNGワードを引き出すゲームに挑戦した。

 3人は制限時間の60秒間内に何とかNGワードを言わせようとするも、天海が勘の鋭さを発揮して1回目の挑戦はあえなく失敗。泣きの2回目の挑戦でも、質問の中身から「わかった!」とNGワードを悟った天海だったが「すごく一生懸命にやっていて、好感が持てた」と新人アナたちの奮闘を“忖度”し、あえてNGワードを自ら発するやさしさで、ゲームを成功に終わらせた。

 その後、新入社員一人ひとりに入館証を手渡した天海は「私たちはドラマの現場ですけど、やっぱり最後は“対人間”なんですね。作っているのも観てくださるのも人で、一生懸命な現場は、とてもステキだと私は常々思っています。できなくても一生懸命向かう気持ちや学ぶ気持ちは目に出ると思っています。皆さんも熱い気持ちを忘れずに…」と激励。両手でガッツポーズを作り「ドラマの現場で待っています。頑張れー!」と笑顔で呼びかけていた。

最終更新:4/18(火) 20:29

オリコン