ここから本文です

日本一かわいい女子高生“ゆきゅん”こと船越雪乃、「朝ドラヒロインと日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を頂きたい」

4/3(月) 16:44配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

「私は女優さんかモデルさんになりたくて夢を探していたところなんです」

 このように記者の前で語ったのは、先月29日、応募総数37万人の中“日本一かわいい”女子高生に輝いた大阪出身の17歳、“ゆきゅん”こと船越雪乃だ。「私は朝ドラヒロインと日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を頂きたくて」と、メディアの前で強気な発言が飛び出すゆきゅん。272日もの間、厳しい合宿やレッスンを耐え抜いた。時には「やる気ないの?あるように感じないんだけどそれじゃ」などと一喝されながら演技力を鍛えていった。

 そうして臨んだ最終演技審査では受験に落ちた高校生を熱演。「友達が落ちてヘコんでいるのにホンマ空気読まれへんの」などのセリフが飛び交う演技だったが、先生役のりゅうちぇるの登場でコントのような雰囲気になった。しかし、そこは偏差値70の進学校に通う現役女子高生のゆきゅん、ピンチをチャンスに変える能力も兼ね備えていた。

 かわいらしさが売りの女子高生ミスコンらしく、プリクラから応募ができたり、ミスコンの代名詞である水着審査もないのが特徴だ。ゆきゅんのこれからの活躍に期待だ。(AbemaNewsチャンネル/AbemaWaveサタデーナイトより)

最終更新:4/3(月) 16:44
AbemaTIMES