ここから本文です

「第1回ツール・ド・とちぎ」第3S チーム右京が1、2位 個人総合はヒルが優勝

4/3(月) 8:30配信

AbemaTIMES

 栃木県全域を舞台とした初のサイクルロードレース「第1回ツール・ド・とちぎ」の第3ステージが4月2日に行われ、チーム右京がワンツーフィニッシュを決めた。

 14チーム参加でのレースは、ゴール前のスプリントで3選手が横一線でゴール。チーム右京のエゴイツ・フェルナンデス・アヤルサグエナ、畑中勇介がわずかの差で1、2位を占めた。3位に入ったベンジャミン・ヒル(アタッキ・チーム・グスト)は3日間行われた第1回ツール・ド・とちぎの個人総合優勝に輝き、ポイント賞と山岳賞も獲得した。

最終更新:4/3(月) 8:30
AbemaTIMES