ここから本文です

世界の空港ランキング。日本への評価高く

4/3(月) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

航空サービス調査会社Skytraxの公式サイトにて、毎年恒例の「世界の空港ランキング(World Airport Awards)」が発表され、シンガポールのチャンギ国際空港が5年連続で「世界最高の空港」に選ばれた。東南アジア最大のハブ空港で、同国の経済成長における重要な存在だ。

【画像付記事は、こちらからご覧いただけます】

チャンギ・エアポート・グループのCEO、 リー・ショー・ヒアン (Lee Seow Hiang)氏は、「Skytraxから5年連続で選出されたことは、旅行者に最も思い出深い空港体験を提供しようと情熱を注ぐ、総勢5万人のチャンギ空港のコミュニティにとって、非常に大きな励みとなります。今回の評価により、『すべてのサービスは旅行者を中心に』という、私たちが長年にわたって堅守してきた企業理念を再確認することができました」とコメントした。

Skytraxのランキングは、105カ国に在住する約1400万人の空港利用者の印象に基づいて作成された。調査には550以上の空港が含まれ、施設の快適さ、トイレの位置、空港スタッフの語学スキルなど、サービスやパフォーマンスに関する39のパラメーターから、ランキングを作成している。

上位15位の空港の詳細は以下の通り。

15位. コペンハーゲン空港(CPH)

・年間利用者数:2660万人
・昨年の順位:18位
・コメント:コペンハーゲンは北欧で最も利用者の多いハブ空港で、スカンジナビア航空とノルウェー・エアシャトルの主要拠点でもある。 明確で適切に配置された標識や、混雑することもあるが効率の良い施設が評価された。

Source: Skytrax World Airport Awards. Yearly passenger figure is for 2015, provided by Copenhagen Airport.

14位. 成田国際空港(NRT)

・年間利用者数:3910万人
・昨年の順位:11位
・コメント:東京エリアからランクインした1つ目の空港。首都から35マイル(約56km)離れた場所に位置する成田国際空港は、同エリアにおける大半の国際線発着便に対応している。全日空、日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の主なハブ空港でもある。 効率の良さ、フレンドリーなスタッフ、清潔な施設、飲食店の選択肢が豊富な点などが評価された。

Source: Skytrax World Airport Awards. Yearly passenger figure is for 2016, provided by Narita International Airport.

1/6ページ