ここから本文です

予期せぬ事態、訪れる絶望……。衝撃的な実話をもとにした事故・災害映画

4/3(月) 18:10配信

dmenu映画

海洋で発生した史上最大級の環境事故!『バーニング・オーシャン』(2017年)

事故や災害といった突然の異常事態に立ち向かう人々を描いた映画の中には、実話に基づいた作品が少なくありません。4月21日(金)から公開される『バーニング・オーシャン』もそのひとつ。“史上最大級の環境事故”と言われる「2010年メキシコ湾原油流出事故」の映画化です。
2010年4月20日、メキシコ湾で作業中だったBP社の石油掘削施設“ディープウォーター・ホライズン”で爆発事故が発生。この事故で11名の作業員が死亡。大量の原油が流出し、自然環境や漁業者、沿岸住民の生活にも甚大な被害を与えました。事故当日、現場ではいったい何が起きていたのか? 映画では、突然の惨事に巻き込まれながらも被害を最小限に抑えるため果敢に行動し、決死の脱出を図る作業員たちの姿を通して、その真相に迫っています。
出演者には、マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ケイト・ハドソンといった実力派に加え、『メイズ・ランナー』シリーズでブレイクしたディラン・オブライエンなどの若手注目株も集結。そうそうたる面々の熱演と、先日のアカデミー賞で「音響編集賞」と「視覚効果賞」にノミネートされた臨場感あふれるVFXが、事故がいかに大規模で凄惨であったかをリアルに再現。大スクリーンでの鑑賞にピッタリの海洋ディザスター大作です。

時と場所を選ばずに降りかかる予期せぬ事態。『バーニング・オーシャン』の作業員たちにとっても、その日はいつもと変わらない一日だったはず。そこで今回は、様々なケースで発生した絶望的な事故・災害と、その映像化作品をご紹介します(年度は日本公開時)。

上空850メートルでエンジントラブル発生!『ハドソン川の奇跡』(2016年)

2009年1月15日。アメリカはマンハッタン上空で旅客機「USエアウェイズ1549便」がエンジントラブルを起こし、ハドソン川に不時着水しました。
数ある交通機関の中でも、飛行機は事故に遭う確率が低い“安全な乗り物”と言われています。しかし飛行中に万が一のアクシデントが発生した場合……筆者は最悪のケースしか考えられません。着水時の衝撃で機体がバラバラになる可能性もあります。このときの乗客も絶望に包まれたのではないでしょうか。しかし、機長のチェズレイ・サレンバーガー氏の的確な判断と指示、確かな技術により、乗客・乗員155名が全員無事に生還したのです。
この出来事は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、2016年には監督クリント・イーストウッド、主演トム・ハンクスで映画化されました。英雄として様々な表彰を受けたサレンバーガー氏ですが、物語では英雄から一転、容疑者として扱われてしまいます。いったい、なぜ? そこには決して英雄譚だけではなかった機長たちの知られざる物語が描かれています。

1/3ページ

最終更新:4/3(月) 18:10
dmenu映画