ここから本文です

社会人としてのスタート 県内企業で入社式/富山

4/3(月) 22:00配信

チューリップテレビ

 県内の多くの企業で入社式が行われ、新入社員たちが社会人としてのスタートを切りました。
 このうち北陸電力では去年より5人多い145人が採用され、辞令が交付されました。
 中でも女性は、採用活動で理系の女性への企業ピーアールを強化したこともあり、過去10年で最も多い20人となりました。
 北陸電力の金井豊(かない・ゆたか)社長は、新入社員に対して志賀原発の停止という厳しい状況が続いているのに加え、去年の電力自由化など電力会社を取り巻く状況が大きく変わっているとした上で、「勝ち残るのは環境変化に迅速に対応できる企業です。挑戦と創造を期待しています」と訓示しました。
 これに対して、新入社員代表して八木慶太(やぎ・けいた)さんが「北陸がよりいっそう魅力と活力あふれる地域となるよう貢献していきたい」と決意を述べました。
 新入社員はこのあと3週間から3か月の研修を受けて各部門に配属されます。

チューリップテレビ