ここから本文です

羽生結弦選手のことが好きすぎるユーロスポーツ解説者の優勝実況ダイジェスト

4/3(月) 23:00配信

ELLE ONLINE

現地時間4月1日(土)、またも自身の記録を塗り替えて3季ぶりにフィギュアスケート世界選手権制覇を果たした羽生結弦選手。そこで、羽生選手が好きすぎる解説者としておなじみの「ユーロスポーツ」クリス・ハワースとサイモン・リードの熱すぎる実況とともに、伝説となったフリープログラムの名場面をプレイバック。

羽生結弦選手のことが好きすぎるユーロスポーツの実況&写真集! 祝フィギュアスケート世界選手権2017制覇vers.SP

「これは史上最高のスケーティングと言っていいでしょう。まさに驚異的な滑り、そして今観客席からはブーケが滝のようにリンクの上に投げ込まれています。なんというめくるめく演技だったことでしょう! ひとつのミスもありませんでした……」

「これでメダル獲得は確実となりました。いったいどうやって彼はあれだけのプレッシャーの中、そしてウォームアップのときに感じたであろうフラストレーションからこのような素晴らしい演技を生み出したのでしょう。まさに驚異的な男です……」

「これは本当に良い例になると思うんですが、最終グループの5位という位置から挑戦していった。しかもこれがとても不思議なんですが、過去12か月の戦いの中でも今回彼はいつになく弱々しく見えていました。なのにそこから自身の殻をやぶり、真のチャンピオンシップを持ってメダルを獲りに行きました……」

「7~8分前の6分間練習確かにどこか危なげな面が見えたように感じましたが、いったい何が起こったんでしょうか?!」

「わかりますよ、クレイジーですよね?! 仰ったように6分間練習の間に何が起こったのかは全く関係なく、氷の上で一人戦う4分30秒がいかに大切か、彼はそれを見事に示してくれたのです!」

「ああ、何という美しい仕草でしょう……」

(Text: Ryoko Tsukada)

最終更新:4/3(月) 23:00
ELLE ONLINE