ここから本文です

【MLB】救援失敗→今季初勝利 元阪神カージナルス呉昇桓、ホロ苦の今季スタート

4/3(月) 13:50配信

Full-Count

カブス戦で9回に同点被弾も直後にサヨナラ勝ちで勝利投手に

 元阪神でカージナルス守護神の呉昇桓投手が2日(日本時間3日)、本拠地で行われたカブスとの開幕戦に登板。9回に救援失敗しながらも、直後に味方打線が決勝点を叩き出し、今季初勝利を手に入れる“ホロ苦”スタートを切った。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 昨季世界一に輝いた同地区ライバルのカブスを迎えた開幕戦。カージナルスはWBCドミニカ共和国代表でもあった先発C・マルティネスが7回まで快投を披露した。1点リードの8回も続投したC・マルティネスだが、1死一、二塁としたところで、マウンドを守護神の呉に譲る。呉はいきなりシュワーバーに死球を当て、1死満塁のピンチを迎えるが、ブライアントとリゾの主軸を共にライトフライに打ち取り、ピンチを脱した。

 8回裏の攻撃で味方打線が2点を追加。3点リードとした9回、再びマウンドに戻った呉は、再び先頭ゾブリストに死球を当て、無死で走者を背負う展開に。1死一、二塁としたところで迎えたコントレラスに3点弾を左中間席に運ばれて同点。今季初マウンドで1回2/3を2安打2死球3失点、いきなり救援に失敗してしまった。

 だが、9回裏の攻撃で再び打線が奮起する。二塁打と敬遠などで2死一、二塁とすると、ウォンが四球を選んで満塁に。ここでグリチャックが左翼へヒットを放ち、チームは劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 慣れない回またぎの登板で救援に失敗した呉だったが、打線のおかげでチームは勝利。自らにも白星が舞い込む“ホロ苦”の開幕戦となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/3(月) 13:54
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 9:00