ここから本文です

ウチも“カンテ、マケレレ役“がほしい! 今夏モウリーニョが求めるは守備のスペシャリストの獲得

4/3(月) 19:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

マンUにはいないタイプのMF

今季からマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョには、どうしても手を加えたいポジションがある。それは得点力不足と批判も浴びる攻撃陣ではなく、中盤でボール奪取に貢献できるボランチだ。

デ・ロッシ、そして本田圭佑! 英メディアがプレミアのクラブにオススメする3人

英『Daily Mail』によると、すでにモウリーニョはクラブに今夏守備のスペシャリストと呼べるMF獲得を要求しているという。タイプでいうなら、モウリーニョがチェルシー時代に指導した元フランス代表MFクロード・マケレレ、MFネマニャ・マティッチといったところだ。彼らはモウリーニョの下でリーグ制覇に大きく貢献しており、こうした潰し屋タイプの選手がモウリーニョのチームには欠かせない。

現在トップターゲットになっているのはトッテナムのエリック・ダイアー、モナコのティエムエ・バカヨコの2人だ。どちらも若く、中盤でファイトできる選手だ。どちらも簡単なターゲットではないが、同メディアはこうした潰し屋タイプの獲得がポール・ポグバを輝かせることになると伝えている。フラン ス代表ではエンゴロ・カンテがいるため、ポグバの守備負担を少しばかり抑えることができる。そうした選手がマンUにも必要との見方だ。

現在のマンUにはポグバを含め、アンデル・エレーラ、マルアン・フェライニと守備専門のMFと呼べる選手はいない。エヴァートンに移籍したモルガン・シュナイデルランは守備的な選手だったが、モウリーニョの信頼を掴むには至らなかった。今夏守備のスペシャリストと呼べるMFを獲得することがリーグ制覇へのステップとなるとモウリーニョは考えているようだが、お得意の札束攻勢で一線級の選手を獲得できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/