ここから本文です

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、Mステ出演で目指したこととは?「オリコン1位より…」

4/3(月) 20:55配信

E-TALENTBANK

1日、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔が自身のブログで前日に出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」での感想を更新した。

同番組ではゴールデンボンバーが新曲「#CDの売れないこんな世の中じゃ」を初披露した。金爆はQRコードを利用した曲の無料配信や、お笑い芸人アキラ100%とのコラボステージなどさまざまな仕掛けを組み込んだパフォーマンスで番組を大いに盛り上げた。

パフォーマンス後に更新された「平穏やっと訪れる」と題されたブログ記事では、Mステでのパフォーマンスや曲名にハッシュタグを入れた一風変わったパフォーマンスの経緯について鬼龍院の言葉で報告している。

そのなかで鬼龍院は、パフォーマンス中にQRコードを用いたのは、自身が以前読んだ音楽ジャーナリスト・柴那典氏の書籍「ヒットの崩壊」から思いついたものだと記した。同書籍を「まさに僕が読むべき本でした、勉強になりましたありがとうございます!」「どうやって音楽を売るべきなのか、とか考えていた僕が遅れていたのだ…!」と絶賛する鬼龍院はこの本からアイデアを取り入れたことを明かした。

さらに、今回の楽曲「#CDの売れないこんな世の中じゃ」の曲名にハッシュタグを取り入れた理由に「元々の理由はスマホ片手にテレビを見てもらうための作戦でした」とSNSの検索機能を利用した新しい宣伝方法を期待したことが書かれている。

鬼龍院は「でも後々になって、オリコン1位よりトレンド1位になる方がよっぽど多くの人の目に触れるんじゃないか?」と考えたそう。そしてMステ放送中に局名となったハッシュタグ付きのワードが見事Twitterのトレンド1位に浮上したことで「多分それは正解だったんだと思う、みんなのおかげでファン以外の方からの反響も大きいですありがとう」と手ごたえを感じたのか「なんだか嬉しいねぇ!」と素直に喜びを表していた。

また「もう全く同じネタはやりづらいと思うから、この曲はテレビでやる日はたぶん訪れないと思います笑」と言い、「まあ、ライブでやってて途中からいつからか変わってくこともあるし、気楽になろう」と書いてブログを締めくくっている。

同ブログには「上手く言い表せられないけど、きりちゃんが考えることにはいつもいつも心が動かされます」「翔さん、たくさん考えてくださり有難うございます」「平穏な日々がきりちゃんに戻ってよかったなって改めて思います」とファンが鬼龍院の多忙だった時間をねぎらうと共に、「平穏な日々」がやってきたことを歓迎するコメントが寄せられている。

ゴールデンボンバーの新曲「#CDの売れないこんな世の中じゃ」は同番組、ゴールデンボンバーのパフォーマンス中に表示されたQRコードより4月3日23時59分まで無料配布されている。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/3(月) 20:55
E-TALENTBANK