ここから本文です

リアル「3月のライオン」出た! 天才14歳、藤井四段の素顔 愛読書は司馬遼太郎、ブラタモリのファン

withnews 4/5(水) 7:00配信

 将棋界で昨年誕生した中学生棋士がまた偉業を成し遂げました。愛知県瀬戸市在住の藤井聡太四段が、4日の対局で勝利し、デビュー11連勝の新記録。同じ中学生棋士だった羽生善治三冠らを上回る勝ちっぷりで、先輩棋士たちの度肝を抜いています。普段はあまりテレビを見ず、読書や「地理」が好きという中学3年生。どのような日常を送っているのか、14歳の素顔に迫りました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・村瀬信也 )

【写真特集】プロデビュー戦でひふみんに勝利、リアル「3月のライオン」藤井四段

数学や地理が好きな中学生

 藤井さんは、昨年の10月に史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。12月にデビュー以来、1、2週間に1回ある対局で勝ち続けています。対局が行われるのは東京と大阪の将棋会館。平日なので学校を休むことになりますが、「週に1回ぐらいなら大丈夫」。学校の授業では数学や地理が好きだそうです。

 通っているのは名古屋大学教育学部付属中学校。名古屋市にある中高一貫校です。「塾に通ったんですか」と聞くと、「通っていません」という意外な返事。横にいた母親の裕子さんが説明してくれました。

 「中学受験をするかどうか考えていたんですけど、知人が同じ学校に通っていて、『いいんじゃない』と。塾に行かないといけないような問題形式ではなかったのが良かったです。結局、願書を出す直前の12月ごろに受験を決めました。それから作文の練習をして、試験に臨みました。他の学校は受けませんでした」

愛読書は司馬遼太郎、新田次郎、沢木耕太郎

 塾に行かずに受験で合格できた背景には、「活字好き」だったことが影響しているようです。藤井家は昔から朝日新聞を購読しており、藤井さん自身も小学4年ぐらいから読むようになったとのこと。

 「1面を読んだ後、社会面から順番に十数分はかけて読みます。毎日は載っていないと思いますけど、『特派員メモ』は海外の日常の様子がわかって面白いです」

 他にどんな記事が印象に残りましたか。

「うーん…(長い沈黙)。『患者を生きる』というコーナーでアルコール依存症の連載があって、読んでみたら興味深い内容でした」

 読書も好きで、司馬遼太郎、新田次郎、沢木耕太郎をよく読むとのこと。地理以外にも歴史などへの関心の高さがうかがえます。

1/2ページ

最終更新:4/5(水) 7:00

withnews