ここから本文です

けもフレ「しんざきおにいさん」実物も「神」だった…奥ゆかしい、その素顔 「無断出演?」の真相は

4/5(水) 7:00配信

withnews

 大盛況のうちに最終回を迎えたテレビ東京のアニメ「けものフレンズ」。メインキャラクターであるネコ科の動物「サーバル」はもちろん、サーバルの音声解説をした多摩動物園(東京都日野市)の飼育員「しんざきおにいさん」にも注目が集まっています。ほんわかとした語りに、ファンが急増。一体どんな人なのか、インタビューしてきました。(朝日新聞デジタル編集部記者・野口みな子)

【写真特集】けもフレで人気沸騰、「しんざきおにいさん」はこちらから 多摩動物公園のサーバルちゃんも

まだ「けものフレンズ」を見たことがない人向けにゆっくり説明します

 「けものフレンズ」とは、超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、「アニマルガール」と呼ばれる動物が人間の外見をしたキャラクターたちと、人の外見だが自分が何者かが分からない「かばんちゃん」が織りなす冒険の物語です。

 メインキャラクターの「サーバルちゃん」などが話す「すごーい!」「たーのしー!」というポジティブで単純なセリフが癖になる、と、ネット上で多用されるようになりました。

 また番組の途中には、実在の飼育員による動物の音声解説コーナーがあることも特徴的です。

 専門的なその内容がアニメのキャラクターに反映されていることもあり、動物に対する知的好奇心をくすぐられる演出となっています。

 アニメの前半は愛らしいキャラクターが繰り広げるほんわかとした穏やかな放送回が続きます。しかし、最終回を目前にした第11話が予想だにしていなかった大ピンチで終了します。

 楽しかったあの頃に癒やしを求めて、ニコニコ動画で公開されている第1話を見てみると……なんということでしょう、気にも留めていなかったセリフ、エピソードが第11話の伏線となっていたのです。

 「けものフレンズ」ファンが、藁をもすがる思いで助けを求めたのはそう、第1話で「サーバル」の解説をしている多摩動物公園の「しんざきおにいさん」でした。

 その素朴な語り口調に、ニコニコ動画の該当のコーナーのコメント欄には「しんざきおにいさんたすけて」の文字が並ぶ事態となり、Twitterでも「しんざきおにいさん」というキーワードが爆発的に使われるようになりました。

1/4ページ

最終更新:4/5(水) 7:00
withnews