ここから本文です

フォーリミ、2度目の『YON FES』で今後の開催に意欲 「僕たちがやっと見つけた居場所」

4/4(火) 16:30配信

エキサイトミュージック

名古屋出身の4人組ロックバンド04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)が、地元・愛知県にて、昨年に引き続き2回目となる野外フェス『YON FES 2017』を4月1日~2日の2日間にわたって開催した。愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催された本フェスティバルは、名古屋で結成された04 Limited Sazabysが街やライブハウスに還元・恩返しすることを目的としており、2日間で約2万人の観客が来場し、大盛況のうちに幕を閉じた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

昨年は同世代のバンドのみで開催されたが、今年はフォーリミにゆかりのある先輩バンドや後輩バンドも出演し、彼ららしいバラエティ豊かなラインナップに。また、初年度の経験を生かし、ステージ、アーティストエリアをはじめ様々な部分が改善され、アーティストや観客にとってより快適で非現実的な環境となっていた。

クリエイターブースではESPY ONE、haTha、VERDY[VK DESIGN WORKS]、池田嵩浩が自身のライブペイントを披露し、フェスを鮮やかに彩った。

ブランドブースにはAlexanderLeeChang、ALTAIR、DxAxM、S&Co.、SiX PACK STORE、SKULL SKATES JAPAN、TOWER RECORDS、VILLAGE YONGUARD、VIRGO wearworksが参加。メンバー愛用のブランドや、普段のオフィシャルグッズとは一味違ったユニークなバンドとのコラボグッズの販売を行った。

ライブは、メインステージの「SKY STAGE」、サブステージの「LAND STAGE」の2ステージで、交互に演奏が行われた。

1日目は小雨が降りしきる中スタート。昨年から2年連続出演となったフォーリミとは同世代のBLUE ENCOUNTがSKY STAGEでトップバッターを担当。LAND STAGEではEVERLONG、The BONEZ、忘れらんねえよ、四星球、そしてSHANKが熱狂のパフォーマンスを繰り広げた。SKY STAGEではMy Hair is Bad、coldrainと続き、雨が上がった後半戦はASIAN KUNG-FU GENERATION、SUPER BEAVER、そして主催の04 Limited Sazabysが出演した。

2日目は前日の雨が嘘のように快晴となり、暖かな日差しの中スタート。昨年LAND STAGEで演奏したsumikaが今年はSKY STAGEでこの日パフォーマンスを繰り広げ、続いてキュウソネコカミ、Crossfaith、東京スカパラダイスオーケストラ、WANIMAが出演。LAND STAGEではcinema staff、go!go!vanillas、NAMBA69、フレデリック、tricotが出演し、トリの04 Limited Sazabysへとバトンをつないだ。

「この一年間の活動の中で、ライブを観て純粋にカッコいいなと痺れたバンド達に声をかけました」というGEN(Ba,Vo)の言葉通り、各ステージで演奏が行われるたび会場の熱気は上昇していった。出演バンドはMCで04 Limited Sazabysとの思い出を語ったり、リスペクトの言葉を贈った。

両日トリを務めた主催の04 Limited Sazabysは、40本を越える全国ツアーや初の日本武道館公演、アジアツアー等この1年の充実した活動を経て成長した姿を見せ、トリ、そして主催者として相応しいパフォーマンスを繰り広げた。GENは、「1年に1回でもこんな幸せな日が迎えられるなら、なんでも頑張れる気がします」と、改めてバンドにとっても大切なイベントであることを語った。そして「僕たちがやっと見つけた居場所なので、これからも守っていきたいと思います」と、今後の開催にも意欲を見せた。