ここから本文です

仕事復帰のラモス氏が香川に喝!

東スポWeb 4/4(火) 16:45配信

 昨年末に脳梗塞で緊急入院したサッカー元日本代表MFラモス瑠偉氏(60)が3日、都内で「リーガダイジェスト! クラシコSP 宮本恒靖対談『世界を知る。』」(4月17日午後8時からWOWOWライブで放送)の公開収録で本格的な仕事復帰を果たした。

 3月2日に復帰会見を行ったラモス氏は「まだ感覚が戻りきっていない。(発症前の)95%までは戻ると言われているけど、今は75~80%くらい」とまだ回復途上にある現状を説明。1日2時間のリハビリを継続中だが「先生も回復力には驚いている」と全快間近をアピールした。

 体調と同様に持ち前の舌鋒も健在だ。ロシアW杯アジア最終予選でUAEとタイに2連勝を飾り首位に立ったハリルジャパンについて「勝ったのは良かった」と話しつつも「アジアのレベルはめっちゃ落ちている。あれで満足しちゃいけない。高いレベルのチームとやったらやられるぞ」と警鐘を鳴らした。

 特に「香川(真司=28、ドルトムント)は何やってんの! ボールを持っても縦じゃなく横にばかりパスを出す。横、横、横の“カニサッカー”だよ。カッコつけているのか!」とバッサリ。元日本代表で10番を背負った司令塔とあって、現10番となる香川の消極的にも映るパフォーマンスに怒り心頭だ。

 さらにクラブで出番が激減するなど、不振の続くFW本田圭佑(30=ACミラン)の起用法にも言及し「(自分なら)センターFWにする。もっと(ボールに)触らせるならボランチもいい」と崖っ縁エースの再生プランを提案した。

 一方で、国際サッカー連盟(FIFA)が、2026年W杯の出場国を48に増加させることに伴いアジア枠を8に拡大させる案に「最悪。FIFAはカネのことしか考えていない。ええかげんにせえよ」と猛反対するなど“絶口調”だった。

最終更新:4/4(火) 16:45

東スポWeb