ここから本文です

【F1】パスカル・ウェーレイン、中国GPも欠席。アントニオ・ジョビナッツィが続投

4/4(火) 8:36配信

motorsport.com 日本版

アントニオ・ジョビナッツィは、第2戦中国GPもパスカル・ウェーレインの代わりに継続参戦することが明らかになった。

【動画】ウェーレイン、レース・オブ・チャンピオンズで大クラッシュ

 フェラーリのサードドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィは、第2戦中国GPをパスカル・ウェーレインの代わりに継続参戦することが明らかになった。

 ジョビナッツィはウェーレインの代役として、2017年F1開幕戦オーストラリアGPでC36のステアリングを握り、F1デビューを果たした。

 ウェーレインは、今年1月に開催されたレース・オブ・チャンピオンズで大クラッシュし、背中を負傷したため、8日間あったF1のシーズン前テストのうち、4日間を欠席していた。残りの4日間のテストには参加したものの、オーストラリアの2日目の朝に身体的な準備が整っていないと判断したウェーレインは、それ以降のセッションの参加を断念した。

 ウェーレインは、その決断が怪我の後遺症によるものではないと主張している。

 オーストラリアGPのフリー走行3回目から、ウェーレインのマシンを引き継いだジョビナッツィは、予選をチームメイトであるマーカス・エリクソンの背後で通過し、決勝レースを12位で完走した。

 またウェーレインは、中国GPの翌週に行われるバーレーンGPも引き続き欠席する可能性もほのめかしている。

 ウェーレインは、月曜日に発表されたチームプレビューで、次のように語った。

「僕にとって今一番重要なことは、自分のパフォーマンスを十分に発揮できるよう、トレーニングに集中することだ」

「そうすれば、ザウバーに貢献するための準備が整い、僕の最初のレースの週末が迎えられると思う。うまくいけばバーレーンになりそうだけど、そうでなければロシアGPまで体作りのために必要な時間を取るだろう」

Pablo Elizalde