ここから本文です

MIKIKO・真鍋大度が語る『国境を超えるクリエイティブの秘訣』

4/4(火) 20:01配信

SENSORS

3月23日に虎ノ門ヒルズで開催された、テクノロジー×エンターテインメント×ビジネスの祭典「SENSORS IGNITION 2017」。キーノートに登場したのはリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーや、ドイツで開催された『CeBIT』オープニングセレモニー(現地時間3月19日)での演出が記憶に新しい、演出振付家 MIKIKO氏とメディアアーティスト 真鍋大度氏。日本テレビ『SENSORS』プロデューサー 原浩生をモデレーターに、「グローバルに通用するクリエイティブとは?」をテーマにセッションが繰り広げられた。

【画像5枚+1動画】「MIKIKO・真鍋大度が語る『国境を超えるクリエイティブの秘訣』」画像一覧

■テクノロジーとパフォーマンスが融合する過程

--グローバルにご活躍中のお二人ですが、まずは先日行われたばかり、テクノロジーエキスポ『CeBIT』で演出されたオープニングアクトについて教えていただけますでしょうか?

MIKIKO: 毎年ドイツで開催される『CeBIT』ですが、今年、日本がパートナー国に選ばれ、オープニングセレモニーでパフォーマンス演出をしました。リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニー同様に8分間という制限の中で「日本が考えるテクノロジーと人の関係」をパフォーマンスを通して表現しました。パフォーマーは森山未來くんと、私が主宰しているダンスカンパニーELEVENPLAYが務め、テクノロジー面はライゾマティクスリサーチがチームとして入ってくれました。

ダンサーたちはただ真っ白なキューブと真っ白なパネルを使ってパフォーマンスをしただけなのですが、カメラを通してみるとダンサーが身につけている筋電センサーとパネルとキューブに付いているマーカーに反応して生成されたグラフィックを合成した映像を配信しました。

--ダンサーが持っていたカメラの映像も、リアルタイムで合成して映し出されていましたよね?

MIKIKO: はい、目の前で見える世界とカメラを通して見える映像の世界が同時に一つのステージで見えるということを、今回の一番の演出としてこだわりました

真鍋: カメラの映像にCGを合成するARと異なり、現実世界のオブジェクトの位置と形状を認識し、環境光の情報を用いながらオブジェクトの変形を行うなど新たな試みを行なっています。ホロレンズやMeta VisionなどでAR/MR映像表現が一般的になって来ましたが、さらにその先を行けたかなと。

--テクノロジーとパフォーマンスが融合していくまでの制作のプロセスを教えていただけますか?

真鍋: ライゾマリサーチが作ったプロトタイプをまずはMIKIKOさんと電通の菅野薫くんを始めとした制作メンバーに見てもらうところから始まります。MIKIKOさんはパフォーマンスを、菅野くんチームはストーリーを、というように役割分担をしてそれぞれがプロジェクトを進めながら、少しずつ全体を構築していく形ですね。

--プロトタイプをみてアイディアは生まれやすいものでしょうか?

MIKIKO: これをどのようにパフォーマンスで昇華するのか、というのが私の役目だと思っています。なので毎回、テクノロジーネタはこれが良いと思うという提案や意見を共有しながら、どのような音楽が良いか、どのようなパフォーマンスが合うかということを提案しながらコンテンツを構築しています。

真鍋:また、テクノロジーとしてはARMR以外にも、筋肉が収縮した時の微弱電流を検知する筋電センサーを使用しています。このセンサーの面白さは普通のインタラクションとは逆で筋肉が収縮始めた時の信号を検知しているため、筋肉の手を曲げようと思って手を曲げる前に、音が出せるというのがポイントです。

MIKIKO: これはダンサー的にはとてもむずかしいデバイスなんです。ただ、森山未來さんは筋肉や関節の動きを理解した上でダンスをされているので、今回初めてライブパフォーマンスで使用することが出来ました。

--森山未來さんがデバイスを使いこなすまでにどのぐらいかかりましたか?

真鍋: パフォーマーのセンスやスキルが伴わないと上手くダンスの動きを合わせることが難しいデバイスなのですが、森山未來くんはすぐに筋電センサーの特徴を掴んで使いこなしてくれました。

--このテクノロジーの凄さをお客さんが理解するにはなかなか時間がかかりそうなイメージがありますが、実際の反応はどうでしたか?

MIKIKO: 反応はとても良かったですね。テクノロジーの細部や詳細は正直分からない方は分からないと思うのですが、見た人はとってはパフォーマンスをマジックでも見たような不思議な感覚になってもらうということが大事だなと思っています。

1/3ページ

最終更新:4/6(木) 10:44
SENSORS