ここから本文です

新報国製鉄、超高剛性ゼロインバー合金を実用化

4/4(火) 10:32配信

日刊産業新聞

 開発型特殊鋼メーカーの新報国製鉄は、熱膨張・剛性(ヤング率)・低温安定性のすべてを兼ね備えた超高剛性ゼロインバー合金「IC―DX」を新開発し、このほど実用化に乗り出した。熱膨張係数がゼロでヤング率を従来のスーパーインバー合金比1・5倍以上まで制御できる。鋳鋼品、鍛鋼品、圧延品、伸線品とすべてが製造可能で、マイナス196度の非日常の環境でも使用可能。注力する航空・宇宙分野向けなどに採用を目指す。

最終更新:4/4(火) 10:32
日刊産業新聞