ここから本文です

90年代の雰囲気漂う(?)新アニメ『つぐもも』……大人のアニメファンは「懐かしい」

4/4(火) 17:50配信

トレンドニュース(GYAO)

新アニメ『つぐもも』の放送がスタートした。お色気あり、バトルありのドタバタコメディが、大人のアニメファンの間で「懐かしい」と評判になっている。

【無料配信】アニメ「つぐもも」第1話>>

■美少女付喪神と一緒にお風呂!?

4月2日よりTOKYO MX他でスタートした『つぐもも』は、平凡な少年・加賀見かずや(声:三瓶由布子)と美少女付喪神の桐葉(声:大空直美)が次々起こる怪異に立ち向かう妖怪アクションコメディ。漫画雑誌『月刊アクション』(双葉社)にて連載中の、浜田よしかづによる同名漫画を原作としている。

第1話は、かずやと桐葉の出会いが描かれた。“あまそぎ”と呼ばれる怪異に巻き込まれたかずやは、謎の少女である桐葉に助けられる。そして、なし崩し的に一緒に暮らすことになり――!? 迫力のバトルシーンに加え、入浴シーンなどお色気要素も満載で、盛りだくさんの内容だった。

■『天地無用!』ファンは必見か

しかし、「うっかり幼なじみの胸を触ってしまって、ハリセンでツッコミを入れられる」ギャグなど、どことなく懐かしさを感じるドタバタ感……。その“ちょっと昔のアニメ”的な雰囲気は、大人のアニメファンにこそ刺さるものだったようだ。Twitter上では、

「90年代のアニメっぽさが良い」
「懐かしさを感じる」
「古き良きアニメって感じ」

という声があがっている。90年代に人気を博したSFラブコメの金字塔『天地無用!』シリーズを連想した視聴者も多かったようだが、実は監督・シリーズ構成を担当している倉谷涼一は、脚本・演出で同シリーズに関わっていた。『天地無用!』ファンにとって『つぐもも』は見るべき1作だろう。

ここまで読んで、若いアニメファンは「自分向けの作品ではないようだ」と落胆しているかもしれない。しかし、原作漫画はかなり過激なお色気描写で有名な作品でもある! 第1話の入浴シーンも、コメディタッチではあるものの、大空直美演じるヒロイン・桐葉の口から大変直接的なセリフが飛び出した。原作のお色気展開を映像でどこまで再現できるのか……!? 古き良きアニメの雰囲気はもちろん、今期のお色気枠としても人気を集めそうだ。

(文/原田美紗@HEW)