ここから本文です

全国高校選抜大会 石見智翠館などが準々決勝進出! 名護は目標の1勝達成。

4/4(火) 23:50配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 第18回全国高校選抜ラグビー大会は4月4日、予選リーグ最終節の16試合が埼玉・熊谷ラグビー場Bグラウンドなどでおこなわれ、8強進出チームが決まった。6日におこなわれる準々決勝の組み合わせは以下の通り。

佐賀工が東海大仰星に逆転勝ち! 國學院久我山は長崎南山との熱闘制す

■10:30 佐賀工(佐賀) vs. 石見智翠館(島根)
■11:45 中部大春日丘(愛知) vs. 桐蔭学園(神奈川)
■13:00 京都成章(京都) vs. 大阪桐蔭(大阪)
■14:15 國學院久我山(東京) vs. 東福岡(福岡)

 2年ぶりの出場となった石見智翠館は札幌山の手(北海道)から8トライを奪い44-12と勝利してCグループ3連勝。昨年はBKに決め手がありターンオーバーからの攻撃に自信を持っていたが、メンバーがガラッと変わった。例年以上にFWにサイズがあり、まだ手探りの状態だと言う。

「確かにFWは大きいですが、せっかくいい形で前に出ても取れない、前に出るスピードにも課題が出たのが現状。思うようにできない方が多かったですが、チームにとっては大きな経験です」と安藤哲治監督は予選を振り返った。

 それでもゲームリーダーを中心に外から頻繁に声が出るなど先輩たちからの遺産があるのも事実。未知な部分が多いだけで、これからの経験をプラスにしていければ楽しみの方が大きい。

 予選敗退の各校も奮闘した。ともに全国選抜初勝利を目指したのが初出場同士の名護(沖縄)と川越東(埼玉)。前半は川越東が14-0とリードするも、名護はFWを中心にじわじわと追い上げる。17-14と川越東がリードして折り返したが、後半は名護が試合を支配。5分にSH城間祐斗が勝ち越しのトライを奪うと、FB仲本拓未が難しい角度のゴールを決める。さらに1トライを追加した名護が31-22と逆転して初勝利を挙げた。

「PGで同点とした後の後半のキックオフがポイントでした。前半はミスから取られたので、ディフェンスをしっかりして、マイボールはキープすること。後半は1トライに抑えたディフェンスの勝利でもあります。1勝が目標だったので大きな勝利ですが、敗れた京都成章戦もいい経験でした。1人30本タックルしようと送り出して、前で止めることにフォーカスした試合。これを秋につなげたい」と名護・辺土名斉朝監督。

 また、3校が出場した愛知県勢から東海新人王者の中部大春日丘が決勝トーナメントに進出したが、西陵、旭野も好試合を演じ、全校で6勝2敗1分と好成績を残した。

(取材:福田達)

1/2ページ