ここから本文です

キャリックの後釜を確保か!? ユナイテッドが“U-23ブラジル代表”の天才パサーに熱視線!

4/4(火) 14:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季はベシクタシュでプレイ

1日に行われたイングランド・プレミアリーグ第30節で、ウェスト・ブロムウィッチに0-0で引き分けたマンチェスター・ユナイテッド。自陣で守りを固める相手を崩しきれずに多くの引き分けを記録したことが災いし、現時点で同リーグ5位にとどまっている。こうした状況のなか、同クラブに新たな選手獲得の噂が浮上した。

同クラブが現ベシクタシュ(トルコ)所属のアンデルソン・タリスカの獲得を検討していると、英『THE Sun』が伝えている。痩躯長身でありながら空中戦よりも卓越した足下の技術に定評がある同選手。正確なパスで敵陣を切り裂くプレイスタイルはマイケル・キャリック(現マンチェスター・ユナイテッド)を彷彿とさせ、中盤であればどのポジションでもプレイできるユーティリティ性も兼ね備えている。同クラブはU-23ブラジル代表の肩書を持つ同選手の今夏の獲得にむけ、2000万ポンド(約27億円)を準備していると同紙が報じている。

今季はキャリック不在時に決定機を生み出せない試合が続いているマンチェスター・ユナイテッド。非凡なパスセンスを有する同選手を獲得できれば来季以降にむけて有益な補強となりそうだが、この移籍は実現するだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/