ここから本文です

M・ゴメス7分で衝撃のハットトリック! しかし試合は……

4/4(火) 15:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

チームは終了間際に追いつかれドロー

2日、ドイツ・ブンデスリーガ第26節の試合が行なわれた。11位レヴァークーゼン対15位ヴォルフスブルクの一戦は3-3のドローに終わっている。

[動画]M・ゴメスの豪快ハットトリック

後半2点のビハインドを追っていたヴォルスブルクだったが、80分からわずか7分で試合をひっくり返した。全得点を挙げたのはドイツ代表マリオ・ゴメスだ。まずは80分右サイドからのクロスを頭で合わせ1点差にすると、83分にはCKをまた頭で合わせ同点とする。87分には味方が得たPKを冷静に決め一気に逆転し、自身もハットトリックを記録した。しかしこれで試合は終わらず試合終了間際にレヴァークーゼンが同点ゴールを挙げ、引き分けに終わってしまった。

劇的な試合をものしたかったヴォルスブルクだが、結局持ち帰れたポイントはわずかに1だった。ヴォルスブルクは順位を2つ上げ13位に浮上したものの、残留は争いは僅差なためまだ安心はできない。リーグ戦12点目を挙げたマリオ・ゴメスはこのまま勢いに乗り、チームを安全圏へと導くことはできるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1