ここから本文です

その差は7! チェルシーまさかの敗戦もポチェッティーノ監督は冷静「自分自身の仕事を全うするだけだ」

4/4(火) 17:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

運も味方につけたいトッテナム

トッテナムはチェルシーとのポイント差を7に縮め、逆転優勝への望みを繋いでいる。

1日、イングランド・プレミアリーグ第30節の試合が行なわれた。2位トッテナムはバーンリーに快勝し、首位チェルシーはクリスタル・パレスにまさかの敗戦を喫した。

首位チェルシーが負けたことにより、逆転優勝の望みがほぼなかったトッテナムにチャンスが訪れようとしている。7ポイントに差を縮めたトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は優勝を目指して戦い続けると語った。同監督のコメントを英『Evening Standard.』が伝えている。

「この勝利は非常に大きなものだ。チェルシーが負ければ我々はそこにいなければならない。プレミアリーグ優勝のために戦い続けるよ。7ポイントに減らしたことは、10ポイントと大きく違う。時には運も必要だ。なにか起きたときのために自分自身の仕事を全うするだけだ。今日の我々のようにね」

次節チェルシーはマンチェスター・シティと対戦するため、全力を注がなければ負けることもあり得るだろう。このままトッテナムが順調に勝利を重ねていけば、逆転優勝も夢ではないかもしれない。悲願達成のためにひたむきにポイントを重ねるトッテナムは、運も味方につけることはできるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合