ここから本文です

楽天、鷹千賀攻略で8年ぶり開幕4連勝! 梨田監督も納得「先行できて乗れた」

4/4(火) 22:07配信

Full-Count

ソフトバンクとの“開幕3連勝対決”制す

 楽天は4日、ソフトバンクに7-1で勝ち、2009年以来、8年ぶりとなる開幕4連勝。WBCでベストナインに選出されたソフトバンク・千賀を捉え、ホーム開幕戦を飾った。

2005年~2016年の各球団ドラフト指名選手一覧

 梨田昌孝監督は「去年、4連勝がなかった。開幕で3つ取れて、ホーム開幕の頭も取れた。寒い中、ファンの方にもたくさん来ていただいたので今日の勝ちは嬉しいですね」と喜んだ。

 先制点は3回。この回、先頭の8番・藤田がチーム初安打となる左翼線への安打で出塁。嶋の犠打、茂木の中飛で三塁に進むと、ペゲーロへの5球目のフォークをソフトバンクの捕手・甲斐が逸らした。千賀がベースカバーに入る中、藤田はホームにヘッドスライディング。先制点をもぎ取った。指揮官は「先行できて、チーム全体が乗れた。7点目もワイルドピッチでの得点。何かあればという準備をみんながしてくれている感じがする」と頷いた。

 4回には打者一巡の猛攻で一挙、6点を挙げた。1死から5番・銀次が中安で出塁。2死1塁で7番・聖澤がライトオーバーの適時三塁打を放った。8番・藤田が四球を選ぶと、9番・嶋の右前適時打で1点を追加。なおも2死一、三塁で茂木が2号3ランをライトへ放り込んだ。「あの3ランが効いた」と梨田監督。さらにアマダーへの4球目のスライダーが暴投となり、三走・ペゲーロがホームを踏んだ。

 6回の守備では嶋が負傷退場するなど、アクシデントに見舞われたが、先発・則本が6回を1失点。開幕3連勝同士の戦いを制した。

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi

最終更新:4/4(火) 22:07
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 20:20