ここから本文です

逆転優勝を信じるポチェッティーノ「フットボールでは全てのことが起こり得る」

4/4(火) 22:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

残り9試合で7ポイント差

イングランド・プレミアリーグは残り10試合を切った。優勝争いはチェルシーがリードしており、それをトッテナムが追いかける形となっている。

第30節では首位チェルシーが負け2位トッテナムは勝ち、その勝ち点差は7に縮まった。トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は逆転優勝を諦めておらず、スォンジー戦前の公式記者会見で意気込みを語った。

「フットボールでは全てのことが起こり得る。我々にとっては良いレッスンだよ。フットボールでは信じることが最も重要なことだ。質、走力、強さなどではなく信じて戦うことだ。フットボールでは不可能なことはない、それが私たちの考えだ。その方向に向かって戦い続ける必要がある。チェルシーを捕らえることができるかって? もちろんだ。それは起こり得るし我々のマインドはポジティブだ。夢に向かいベストを尽くすだけさ」

勝ち点7差で残り9試合を残す両チームだが、フットボールではなにが起こるか分からない。そのために自滅だけは避けたいトッテナムは、残り試合全てを全身全霊で戦う必要がある。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合