ここから本文です

芸能界にも「てるみくらぶ」被害者続々。元恵比寿マスカッツメンバーも「人生最大のピンチ」

4/4(火) 11:27配信

E-TALENTBANK

3月28日、元恵比寿マスカッツ・栗山夢衣が自身のTwitterで、てるみくらぶの被害に遭ったことを告白した。

格安旅行会社「てるみくらぶ」が資金繰りの悪化により破綻したが、約150億円の負債額を抱えていると破産申請の内容からは読み取れる。負債額の多さから利用者全員に支払い済みの代金を返すことは難しいとも報道されており、利用者の間では返金対応への不安の声もあがっている。

栗山は「数日前にお話した人生最大のピンチの件、返ってこなそうだから言うけどさ、、、。」と前置きし、てるみくらぶに旅行代金を86万円支払ったと書いている。「立て替えてた友達にてるみくらぶで予約してたとは言えずJTBで取り直したから更に100万近くかかってるしね。仕事ください。」と切実な胸の内を明かしている。

しかし栗山は被害者であるのにも関わらず、アンチコメントが多く寄せられ炎上傾向にあった。これに栗原は「やな感じのコメントばっかされるんだね。。。被害者なのに」とショックを受けており、「イライラが止まらない」と腹を立てていた。

ファンからは「ありえないね、、びっくり。。許せないね、」「言いたい人には言わせておこうよ!」「大変だと思うけど、前向くしかないよ!!」と励ましのコメントが寄せられている。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/4(火) 11:27
E-TALENTBANK