ここから本文です

木村拓哉「ゴタゴタした時期だったけど…」。主演映画撮影エピソードを打ち明ける

4/4(火) 17:31配信

E-TALENTBANK

話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON」のvol.56が4月8日(土)に発売。今回、 表紙を飾るのは主演映画「無限の住人」の公開を4月29日(土)に控える木村拓哉。このたび、その表紙が完成した。
今回の特集タイトルは「全身全霊、木村拓哉。」。取材チームは長年木村のことを追いかけ続けてきたスタッフで、彼を最も象徴する言葉が“全身全霊”であることからそう名付けたという。

煌々としたオレンジ色をバックに、髪をかき上げ、鋭い視線でカメラを見つめるその表情は、例えわずかな時間の撮影であっても、いつだって“全身全霊”で臨む、木村のブレない姿勢が感じられる力強い表紙となっている。

また巻頭グラビアでは、表紙と同様にエネルギッシュな表情が満載。約1万字に及ぶロングインタビューでは、「無限の住人」のエピソードとして、「(撮影中は)ゴタゴタした時期だったけど…制限なく気持ちを爆発させられるこの現場があったおかげで、心身のバランスが保てた」と打ち明ける場面も。さらに4月10日(月)に放送される「さんタク」の収録を終え、共演の明石家さんまのことを「あれは怪獣(笑)」と振り返ったその理由とは?

このほか2年ぶりの主演舞台「上を下へのジレッタ」を控える横山裕や、映画「ピーチガール」に出演する伊野尾慧、さらに初の写真集をリリースするA.B.C-Zを代表して河合郁人が登場。相葉雅紀主演で注目を集める月9ドラマ「貴族探偵」からは、羽鳥健一プロデューサーが相葉の知られざる素顔を語る。

そのほか注目のPERSONとして、ドラマ「恋がヘタでも生きてます」から主演の高梨臨 、舞台「ハムレット」に出演する加藤和樹。

大人気の男性声優連載では代永翼と八代拓がそれぞれ8Pグラビアを飾るほか、先日行われた「Kiramue Music Festival 2017」、通称“キラフェス”のリポートも紹介。

世界的写真家、レスリー・キーによる撮り下ろし連載は、NHK朝の連続テレビ小説「ぺっぴんさん」に出演するなど注目を集める俳優・永瀬匡 が、鍛え上げられた見事な肉体美を披露する。

「写ルンです」で若手女優の今を切り取る連載「f.i.l.m.」には、抜群の演技力が話題の女優・佐藤玲が登場。鎌倉で念願だった陶芸教室を訪れる。さらにバラエティー番組で活躍中の岡田結実 が1st写真集を発売することから、その先行カットをいち早くお届けする。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/4(火) 17:31
E-TALENTBANK