ここから本文です

キッチンリフォームの理由は「最近購入した家を自分好みにカスタマイズしたいから」44%、Houzz Japan調べ

4/4(火) 10:41配信

SUUMOジャーナル

Houzz Japan(株)(東京都渋谷区)は、このたび、「2017 Houzzキッチン市場調査」の結果を発表した。
同調査は、住まいのプラットフォーム「Houzz(ハウズ)」のユーザーで、過去1年以内に「キッチンのリフォーム・リノベーションを実施済み」または「直近3ヶ月以内に実施予定」の方を対象に行ったもの。日本人137名が回答した。

それによると、全体の約3分の2にあたる69%の人が、リフォーム・リノベーション後の生活がより健康的になったと回答している。中でも50%は以前よりも自宅で料理をするようになり、そのうち86%が週に5回以上自宅で料理をすると回答した。

リフォーム・リノベーション後に健康的な食生活になったと実感している点としては、しっかりと座って食事を摂るようになった(47%)、果物や野菜をより多く摂取するようになった(36%)、出来合いの物を買ったり出前を取ることが減った(31%)という回答が多い。

また、リフォーム・リノベーションをするにあたりその理由として多かったのは、「最近購入した家を自分好みにカスタマイズしたかった」が44%、「キッチンの老朽化により、安全面・衛生面に不安があったから」31%、「以前のキッチンが気に入らなかったから」が25%だった。「キッチン」をお気に入りの空間にすることで、様々な好循環が生まれているようだ。

ニュース情報元:Houzz Japan(株)

ニュースSUUMO

最終更新:4/4(火) 10:41
SUUMOジャーナル