ここから本文です

J1選手約120人が賛同…飢餓に苦しむ子供を支援する寄付団体『SPOON』発足、李忠成はMVP賞金を寄付

4/4(火) 19:14配信

ゲキサカ

 J1のプロサッカー選手約120人の賛同を得て、アスリート中心の寄付団体『SPOON FOUNDATION』が4日、発足し、日本記者クラブで発表記者会見を行った。選手からの寄付、WEBを活用したファンからの募金を募り、飢餓と貧困に苦しむ人々に食糧を届ける国連世界食糧計画(World Food Programme=WFP)に寄付し、世界の子供たちの給食を支援する。

 活動の第一弾として、アスリートアンバサダーを務める浦和レッズのFW李忠成が昨年のルヴァン杯決勝で獲得したMVP賞金の100万円を寄付。「日本一を目指してともに戦った選手やスタッフ、サポーターの思いが詰まった100万円。こうした思いが子供たちの笑顔につながるプロジェクトになってほしい」と、その思いを語った。

 飢餓と貧困を撲滅することを使命とする国連唯一の食糧支援機関である国連WFPは、災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年約80か国で、女性や子供など8000万人に食糧支援を行っている。『SPOON』に集まった寄付は国連WFPに届けられ、子供たちの学校給食支援に役立てられることになる。

 イングランドでもプレー経験のある李は、こうした社会貢献活動への取り組みに関して、海外の選手と比べて日本人選手は少ないと感じていたといい、「イブラヒモビッチ選手は個人でWFPと取り組むプロジェクトを持っている。彼のムービーを見たときは鳥肌が立った。人に感動を与えるアスリートの力が形になるというのはこういうことだなと思った」と社会貢献への思いを強め、SPOON発足を主導した。

 この日の会見には同じく浦和のDF遠藤航、MF宇賀神友弥、MF柏木陽介、MF関根貴大、MF梅崎司、MF長澤和輝も出席。チームメイトとも協力し、他クラブの選手にも声をかけ、100人を超える賛同者を得た。そのうち李、遠藤、宇賀神、柏木のほか、北海道コンサドーレ札幌のFW都倉賢、大宮アルディージャのGK加藤順大、柏レイソルのMF大谷秀和、GK中村航輔、アルビレックス新潟のFW田中達也、清水エスパルスのFW鄭大世、ジュビロ磐田のMF宮崎智彦、ヴィッセル神戸のFW渡邉千真、MF高橋秀人、サンフレッチェ広島のMF青山敏弘、サガン鳥栖のFW豊田陽平の計15人がアンバサダーに就任した。

「選手の思い、スポーツの持つ力が給食という形で発展途上国の子供たちに届き、彼らの未来を切り開く手助けになれば」と話す李は「僕はFWなので、1ゴール取ったらいくら寄付するというような活動もして、より多くの人に知ってもらいたい」と、今後の活動に関するプランも披露。長期的な目標として、「国連WFPの給食を食べた子供たちの中から世界で活躍するプロサッカー選手が生まれることを夢見ています」と目を輝かせた。

『SPOON FOUNDATION』はこの日、公式ウェブサイト(http://spoon.gives)も立ち上げた。公式サイトでは活動の趣旨や目的、アンバサダーに就任した選手のプロフィールやコメントが掲載されているほか、一般のファン・サポーターから寄付を募るコーナーも設置されている。

最終更新:4/4(火) 19:17
ゲキサカ