ここから本文です

「CiNiiから論文が見られない」電子図書館終了に困惑の声

ITmedia ビジネスオンライン 4/5(水) 13:11配信

 論文などの学術情報検索サービス「CiNii(サイニィ)」から4月5日現在、電子化(PDF化)された論文や書籍などの一部の情報が閲覧できない状態になっている。国立情報学研究所(NII)の電子図書館事業(NII-ELS)終了に伴うものだが、研究機関や学生などから困惑する声も上がっている。

【どうして利用できなくなった? スケジュールは?】

 CiNiiを運用するNIIは、電子図書館事業として428学会1400種類の雑誌、論文数で計362万件を電子化し、CiNiiの検索機能を通じて公開していた。

 ただ、国は学会誌の電子化支援について、科学技術振興機構(JST)が運用する電子ジャーナル出版プラットフォーム「J-STAGE」に一本化することを決めた。このため、NIIは電子図書館事業を17年3月に終了すると発表していた。

 終了したのは電子図書館であるNII-ELSであり、論文検索サービスとしてのCiNiiは存続している。だがCiNiiから検索した論文が閲覧できないため、「CiNiiが廃止?」などとTwitterに投稿する人が相次ぎ、トレンドにも入った。

 CiNiiは今後、「本文そのものを提供するのではなく、ユーザの発見をサポートするサービスとしてリニューアルする」という。

 NIIは14年8月から他プラットフォームへの移行受付をスタートしていたが、まだ移行が完了していない論文や書籍などが数多いとみられる。

 このため、結果的にCiiNiiから論文を見ることができず、教育・研究機関から困惑する声も上がっている。九州大学附属図書館は「多くの学協会誌は移行が完了しておらず、現在、論文本文を利用できないケースが生じている。この影響により、九大コレクションやきゅうとLinQによる学協会誌へのナビゲーションにも一部不具合が生じている」と公表した。

 NIIはCiNiiのTwitterアカウントで「検索サービスは今後も継続します。論文PDF提供サービスの終了と他機関への移行作業のため、現在アクセスできないファイルが多数存在しています。この点については各機関と協力し情報発信を進めてまいります」とコメントしている。

【Update】ITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、NIIの所管部署担当者は「移行作業が終了していない学会の論文については、移行元ならびに移行先のどちらにおいても論文が入手できない状況が生じています」と答えた。

 NIIはこれまで、移行作業のサポートとして、CiNii Articlesに搭載されたデータの抽出と移行先への提供を行っており、今後も引き続き技術面でのサポート等を行うことで早期の移行に協力する。移行が完了した論文についてはCiNii Articlesの検索対象となり、入手するためのリンクが表示されるようになるが、移行完了の時期については、移行先サービスのスケジュールに依存するという。

 CiNiiのサービスの今後については「NIIでは今後、CiNii を様々なサービスで公開されている論文や書籍、あるいは、研究で用いられるデータ等の統合的な検索を可能にし、それらの入手を支援することで学生や研究者のみなさまにより親しまれるサービスへと成長させていく所存です」と回答している。

最終更新:4/5(水) 17:43

ITmedia ビジネスオンライン